qmajinのだららんワシントンDC生活

アクセスカウンタ

zoom RSS Peju Province Winery

<<   作成日時 : 2012/06/07 10:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

Napaワイナリーのご紹介はこれで最後です。

日本人の友人のお気に入りのワイナリーPejuを訪れてみました!
前回のワイナリーがイマイチだったので、Pejuに期待を!!

画像


今回ご紹介するPejuは友人のおススメなのですが、このワイナリーの近辺には、オーパスワン、ロバート・モンダヴィなど日本でも有名なワイナリーが並んでいるのです。

中でもオーパスワンは建物の作りもゴージャスですが、試飲のワインがハーフグラス一杯で$30、$40なんてのが普通。それもそのはず、売っているのはボトルで最低$150前後するワインばかりですから!
日本で購入するとかなりお高いみたいなので夫君が危うく買いそうになりましたが、$50以上するワインの違いは素人には分かりませんので購入は断念。。。

Peju
http://www.peju.com/

Robert Mondavi Winery
http://www.robertmondavi.com/

Opus One International
http://en.opusonewinery.com/



さてさてPejuですが、
なんとも豪華な建物なのですが、お庭も素晴らしくて入口から建物まではグリーンのアーチ、敷地内には彫刻らしきものがあちこちに、そして綺麗なお花と噴水・・・

画像


画像


画像



室内のテイスティングルームはこんな感じ、豪華です!
一部アートギャラリーにもなっていて、ここはワイナリーなのか?!と感じます。

画像


10名ほどのお客さんが集まるとテイスティングルームへ連れて行ってくれるのですが、15分毎にこれくらいの人数のお客さんがやってくるようですのでスゴイ繁盛してますよね。
テイスティングは確か5種類ほど試飲ができて$20か$25くらいだったと思います。で、確か$35以上のワインを購入するとテイスティングは無料にしてくれるという太っ腹なワイナリーです。

テイスティング担当のおっちゃんですが、商品に自信があり、誇りを持っていることがありありと見える説明の仕方で、ただ単にワインの説明して注いでいるだけではないところがプロだなと思わせます。

画像


ワインのお味は私たちにはピッタリ!
深さと渋みの丁度良い赤ワインを数本購入しました
購入したワインは、搭乗の際にも預けられるようにしっかりしたダンボール箱に入れてくれて良かったです。

カリフォルニア州では、アルコール類は必ずトランクに入れなければならないようですので注意してね。
座席に置いているのが見つかると捕まっちゃうそうです。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
さすがナパのワイナリーは豪華で素敵ですね。ワインは全然詳しくないんですが一度は訪れたい場所です。
アメリカ生活最後の大旅行、とても満喫されたみたいで良かったです♪
yon
2012/06/12 13:19
yonさんありがとうございます。
ナパは米国滞在中に是非行ってみてください!バージニアのワイナリーとは全然違いますよ!!
ただ、ワイナリー以外にはあまり見所がなかったので、LAと併せてプランするとかがいいかもですね!
qmajin
2012/06/12 17:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
Peju Province Winery qmajinのだららんワシントンDC生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる